魅惑のアダルトウェーブ

男性がセックスで喜ぶ名器

男性が名器と感じる時

男性目線で挿入した時に普通のセックスでは感じれない「気持ち良い」と感じる事を名器と呼ぶことがあります。しかし女性からすると何を言っているのか全く分かりません。そこで「名器とは何か」「どんな性器を名器を呼ぶのか」などを説明いたします。いきなり結論みたいな事を言うかもしれませんが男性が名器という性器は「膣の締りがいいか悪いか」という事です。これを聞いても女性は分からないと思いますが、膣の締りというのは個人差が大きくあります。締りがイイとはペニスを挿入した時に強く締め付ける事で、締め付けが強い程男性が気持ち良く感じます。男性の自慰行為ではかなり強くペニスを握りしめます。そんな普段から強く握って自慰行為をしているわけですので、当然、セックスをする時も締りを気にします。そんな男性の勝手で名器など締りが悪いなど決められる女性はたまったものではありません。しかし、締りが悪いと言われている女性は自分で膣に締りを鍛えることができます。膣の締りを鍛える方法として「肛門括約筋」を鍛えることをオススメします。これはいつでもどこでも行える簡単な筋トレなので訓練する方法をお伝えします。(1)お尻の穴をキュッと締める事を繰り返す。(2)尿意を我慢するように膣をグッと締める。の二つです。これはどちらも括約筋を鍛える方法なので電車で立っている時や仕事中にもできます。また男性が名器と呼ぶのは膣の形や締め付けだけではありません。「愛液の量」も大事になってきます。先ほど男性がオナニーで強く握りしめると言いましたが、セックスを行う時にはオナニーだけでは感じれないものがあります。それは挿入した時にペニスが包まれるような感じになる瞬間です。愛液によるヌルヌルはまるで魔法にかけられたかのような感覚になり、締め付けがあまり良くない女性でも「濡れすい」女性は愛液で男性を落とすしかありません。なので締りが良い女性が名器である条件でしたが、膣内が濡れやすくてペニスを包み込むような女性も名器であると言われています。